新築祝いに「やかん」?今どきの喜ばれる新築祝いとは?

新築祝いに「やかん」を贈る風習は、色々な地域であるみたいですね。

私の住む静岡県西部地域でも、上棟式には餅を撒いたり、
家を焼かない(焼かん)から、「やかん=ケトル」を贈ったりします。

まぁ、一種の縁起担ぎですね。

また、上棟式で撒いた餅は、焼いて食べてはいけない・・というイワレもあるそうです。

家を建てたあとで、一番怖いのは、火事を出してしまうことですからねぇ。

そういう意味では、色々と縁起を担ぎたい気持ちも分かります。

ちなみに、上棟式で撒いた餅は、
そのお宅の軒先が見えない家の人だったら、焼いて食べてもいい・・・
・・・みたいな、乱暴な言い訳?抜け道?もありますが、
こちらは、近所のおばあちゃんたちの言い分なので、当てにはなりません。

しかも、物の無い時代と違って、
新築祝いが「やかん」だけではちょっと物足りないすよね?

確かに、やかんは盲点だったりします。

弟夫婦は、「そういやぁ、やかんが無いなぁ・・・」なんてことを、
引越しの際に漏らしていましたし。

でもまぁ、やかんはやかんです。

もう少し気の利いた・・・新築祝いとか無いもんか?

そんな時にも、圧力調整鍋クックレインボー!

新築祝いに手ごろな価格帯が揃っていますし、
お料理を好きになってもらうためにも、
キッチングッズという切り口は喜ばれること間違いなしです。

新築祝いに限らず、結婚祝いでも良いかも知れませんね。

圧力調整鍋って、使いやすくて便利なのは分かっているんだけど、
家を買ったり、結婚したての若い夫婦(若くなくても)には、後回しになったりします。

なんだか分からない物を新築祝い・結婚祝いで贈るよりも、
毎日使ってもらえるものを贈った方が、やっぱり贈るあなたも嬉しいでしょうし・・・。

新築のお宅に訪問した会食の際に、

「今日のお料理は、○○さんにいただいた圧力調整鍋で作ったんですよ」

などと言われたら、贈ったあなたの株も上がるというものです。

第一、嬉しいですものね。

まぁ、あんまり押し付けがましくならない様に、
前もって「圧力調整鍋って持ってる?」くらいは、軽く聞いておいた方がいいかも^^;

こんな時代だからこそ、
縁起を担いで「やかん」を・・・と言うのも、一周回ってアリっちゃあ、アリなのかしら?